中学受験両立応援!

中学受験はするけれど、習い事や小学校生活も 諦めさせたくないママ・パパを応援します。

MENU

 当サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

中学受験生の必須アイテム 筆記用具編
中学受験生の必須アイテム 身の回りの品
進学くらぶ4年生おまとめ集
タイトルのテキスト

【進学くらぶ5年生】「上第10回週」第2回公開組分けテストに向けての学習

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

ゴールデンウィークを目前に浮足立つ世の中ではありますが、進学くらぶ生も、早稲田アカデミー生も含めた、四谷大塚系の中学受験生は、公開組分けテストにまず立ち向かわなくてはいけません。

5年生カリキュラムになってから初めての組分けテストの結果を受けて第6回~第9回週の学習に力を入れてきたと思います。

ゴールデンウィークがあるがために、少し蔑ろになってしまいがちな第2回公開組分けテスト。

ですが、年間に何回か大切な学習タイミングがあるのをご存じですか?

直近では、5年生カリキュラムになる直前の冬休み、もしくは、春休み。

しっかり学習できていましたか?

5年生カリキュラムに問題なく乗り組むことができるように、4年生の算数の復習を中心に行うことが大切でした。その時期には、何度もお話させて頂いていたので、「またその話ね。」と思われている方も多いことでしょう。

それほど、中学受験の本番までを考えると大切なことなのです。

今、少し焦ってしまった方!
朗報です。

実はそのタイミングのフォローとして、ゴールデンウィークも使えるんです!ゴールデンウィークはカリキュラムがいったんストップするから絶好のチャンスなんです。

中学受験生の5年生のゴールデンウィークは、まだまだイベントもできる時期ではありますが、今までうまくいっていない方は、夏休みまで先延ばししていると、恐らくキャッチアップできずに終わってしまいます。

長い夏休みに過大な期待を寄せるのではなく、短いゴールデンウィークに最低限やるべきことを集中してすることをお勧めします。

ただ、ゴールデンウィークについてはまた次回お話します。

まずは、その前の大切な第2回公開組分けテストに全力投球していきましょう。

では、2024年4月22日現在の進学くらぶ5年生受講者が考えることややるべきことについてお話させていただきます。

進学くらぶ【5年上第10回】

【記入日:2024年4月22日】

総合(予習シリーズ5年上 第6回~第9回)

公開組分けテストは、予習シリーズ5年上 第6回~第10回 及び 必修副教材5年上 第6回~第10回を中心に出題。

第2回公開組分けテスト前の4教科の勉強

以下のリンク先の過去記事にて、詳細な4教科の勉強方法をお話しておりますので、ご確認下さい。今の段階で実施する手順は、4年生の時と変わりません。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

第9回週の週テスト後の4教科の勉強

以下のリンク先の過去記事にて、詳細な4教科の勉強方法をお話しておりますので、ご確認下さい。 
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com


第2回公開組分けテストに必要な勉強の洗い出しと予定を立てる

上第9回の習得度合いを確認する

上第9回週は組分けテストを見据えた勉強をしていたはずですので、もし習得度合いが高ければ、組分けテスト前にする勉強のリストから第9回分は優先順位を下げて行うことができます。

その場合は、第6回~第9回を復習した後に、時間に余裕があれば第9回を軽く見直す程度で大丈夫なはずです。

ただし、第9回の習得度合いに不安があったり、習得したはずの第9回分も1週間で全て忘れてしまうようならば、通常通り第6回~第9回の復習をして下さい。

今回の組分けテストの範囲の期間には春休みを挟んでいますので、春休み前の第6・7回週の学習内容は少し忘れ気味の可能性もありますので、気を付けて学習スケジュールを組みましょう。

時間が足りなかった週分は優先順位をあげて取り組みましょう

春休み前の第6・7回週の学習は、春休みのおかげで習熟度合いが高い場合もありますが、その逆に、忘れてしまっている方もいるでしょう。

時間が足りなくなる等で習熟度合いが他の週より劣る週テスト範囲があるかもしれません。そのようなことも、よくあることですし、習い事等と両立している方は高頻度で起こることだとは思います。

習熟度合いを確認しながら、学習スケジュールを作成し、調整を行っていくことが必要です。

週テスト分の範囲を、組分けテスト週で1回目の復習をすることが知識定着にとって大切なことですので、必ず実施しましょう。

週テストの学習で、単元毎に習熟度合いが異なることはあり得る事ですので、気にせずに1週間で学習を終えることが必要です。

その復習のタイミングに当たる、組分けテスト週に、手厚く復習して、キャッチアップしていくことができればいいのです。

今回の組分け範囲で、週テストの学習が手薄になったり、習熟度が低い単元は、他の週分よりも学習時間を多くとるスケジュールをたてましょう。

全体をまんべんなく復習をすることも大切ですが、学習の穴がないように調整することで、より全体的な底上げされた全体の学習ができます。

ご参考

今後最新情報の記事をおまとめして、更新していく記事になりますので、都度チェックして頂けるともれなく情報を得られます。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com


まとめ

進学くらぶ5年生の上第10回週の第2回公開組分けテスト週の勉強について必要なことについてお話させて頂きました。

5年生カリキュラムが始まって、1回目の公開組分けテストの結果を受けて取り組んできた学習の成果を試す第2回公開組分けテストになります。

ゴールデンウィーク前ということもあり、気が緩みがちではありますが、そのような時だからこそ大切なテストになりますので、全力で取り組みましょう。


以上、
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

【進学くらぶ5年生】「上第9回週」の勉強の進め方と必要なこと

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

春休みが終わって、5年生になったばかりの忙しい時期ですが、来週には第2回公開組分けテストが控えてます。

算数も難しい内容ですので、習得するのに時間がかかる可能性もあります。

今から組分けテスト迄のスケジュール管理をしっかりして、忙しい中でも中学受験の学習を着実に行っていきたいものです。

では、2024年4月15日現在の進学くらぶ5年生受講生が考えることややるべきことについてお話させていただきます。

進学くらぶ【5年上第9回】

【記入日:2024年4月15日】

算数:円の回転・転がり移動
国語:説明文・論説文(4)/意味段落② 助詞②/同訓異字
理科:植物のつくり
社会:日本のすがた

「上第9回週テスト」のための勉強

現時点での進学くらぶ5年生の現段階の週テストのための学習は、4年生から行っている今までの学習と変わりはありません。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

算数は前週から引き続き図形の回転と転がり移動を学ぶ

先週は「多角形の回転・転がり移動」を学びましたが、今週は「円の回転・転がり移動」を学びます。

2週間連続で図形の移動の学習になりますが、先週の学習分は理解ができたでしょうか?

2週にわたって図形の回転と転がり移動について学んでいるので、しっかりとした理解をしましょう。

組分けテストでも、算数のテスト範囲の半分が図形の回転と転がり移動から出題されますので、組分けテストだけを考えても習熟度アップは必須となります。

まずは、典型的な問題を確実に解けるようにしていきましょう。

スケジュールをたてましょう

前回でスケジュール作成をお勧めしていますので、既にスケジュールを作成している方も多いとは思いますが、まだの方は早急にスケジュール管理を始める事をお勧めいたします。

スケジュール管理ができるか否かで、実際に学習できる時間も変わってしまいますし、優先順位を考えた学習による効果が高い学習ができるかも変わってしまいます。

現在、組分けテスト2週間前になっているので、組分けテスト迄の学習スケジュールをたてることの優先順位が高くなります。

曜日ごとのスケジュールについては、同時に少々の調整を加えていく程度西、組分けテスト迄のスケジュール管理をしていきましょう。

第2回公開組分けテスト迄のスケジュールをたてる

毎回お話していますが、組分けテスト直前の週のカリキュラム学習はいつも以上に完璧に近い状態で実施した方が、組分けテスト週の学習が楽になります。

第9回週の学習範囲をしっかり習熟度を高く実施していれば、2週間のスケジュールを作成する際に、再度第9回週の復習をする必要がほとんどなくなります。

1学期も始まり、忙しい時期ではあしますが、第9回をしっかり学習できるようにスケジュールをたてて、実行していきたいところです。

参考記事

中学受験の最新情報記事集です。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

まとめ

小学校でも5年生に進級し、小学校の時間割も環境も変化があり、忙しくもあります。

ただ、来週には第2回公開組分けテストも控えているため、組分けテスト
迄のスケジュールをたてることが大切です。

組分けテスト週の学習を少しでも楽にするためにも、今週のカリキュラム学習の習熟度を上げることが必要です。

そして、この忙しい時期だからこそ、スケジュール管理をしっかりしましょう。


以上、
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

【進学くらぶ5年生】「上第8回週」の勉強の進め方と必要なこと

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

いよいよ5年生になりました。
おめでとうございます。

春休みの学習はうまくできたでしょうか?
できた場合も、できなかった場合も、今週からは、カリキュラム通りに学習していきましょう。

夏休みまで、カリキュラム上のしっかり学習することで、夏休みの学習効果がぐんとアップして、成績向上が見込めます。

では、2024年4月8日現在の進学くらぶ5年生受講生が考えることややるべきことについてお話させていただきます。

進学くらぶ【5年上第8回】

【記入日:2024年4月8日】

算数:多角形の回転・転がり移動
国語:説明文・論説文(3)/意味段落① 助詞①/同音異字・同音異義語
理科:てこと輪軸
社会:日本と世界の結びつき

「上第8回週テスト」のための勉強

進学くらぶ5年生の現段階の週テストのための学習は、4年生から行っている今までの学習と変わりはありません。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

算数は図形の回転と転がり移動を2週間で学ぶ

今週は「多角形の回転・転がり移動」ですが、来週の第9回週は「円の回転・転がり移動」を学び、2週間連続で図形の移動の学習になります。

この分野は、思考力が問われる単元になりますので、頭の中で作図をしながら、典型的な問題を確実に解けるようにしていきましょう。

理科のてこと輪軸は難敵になるかも

個人差は大いにあるとは思いますが、てこと輪軸の単元はまず理解するのに時間がかかるのではないかと思われます。

理解した後は、計算力も必要ですので、難なく問題が解けるように取り組んでいきたいところです。

スケジュールをたてましょう

常にスケジュールをたてることは重要です。

特に、学年も上がり、新しい時間割で小学校の新学期が始まり、周りの環境も異なる忙しい時期だからこそ、スケジュールをたてた上で学習をしていくことが必要になります。

スケジュールをたてないと、あっという間に時間が過ぎ、組分けテスト直前になってしまいます。

組分けテスト3週間前の今だからこそ、曜日毎の学習時間割と組分けテスト迄の学習スケジュールをたてることが、成功への近道になります。

ここで、曜日ごとのスケジュールを立てて置かないと、5月のゴールデンウィーク後になってしまうので、遅すぎることは分かるはずです。

1ヶ月を無駄にしないためにも、忙しい今でも踏ん張って、スケジュール管理をして下さい。

曜日ごとのスケジュールをたてる

新学期が始まり、小学校での時間割や習い事のスケジュール等が分かってくる頃だと思います。

曜日毎に、中学受験勉強とその他のスケジュールと宿題をする時間等や休憩時間等を細かく設定したスケジュールを作成することをお勧めします。

そのスケジュールに則って、お子様自身が学習をしていき、うまくいかない部分は調整していくことが望ましいです。

第2回公開組分けテスト迄のスケジュールをたてる

実は組分けテストまで3週間しかありません。

毎回お話していますが、組分けテスト直前の週のカリキュラム学習はいつも以上に完璧に近い状態で実施した方が、組分けテスト週の学習が楽になります。

小学校の1学期も始まり、忙しい時期ではあしますが、可能な限り、第8回と第9回をしっかり学習できるようにスケジュールをたてて、実行していきたいところです。

ご参考

最新記事

前回「第7回週」以降に掲載させて頂いた記事です。もしよろしければ、ご参考にして下さい。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com



参考記事

中学受験の最新情報記事集です。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com



まとめ

小学校でも5年生に進級し、小学校の時間割も環境も変化があり、忙しくもあります。

ただ、3週間後には第2回公開組分けテストも控えているため、組分けテスト
迄のスケジュールをたてることが大切です。

組分けテスト週の学習を少しでも楽にするためには、今週と来週のカリキュラム学習の習熟度を上げることが必要です。

そして、この忙しい時期だからこそ、曜日ごとの自宅学習の時間割の作成をしましょう。

調整をすることも見据えると、今から作成することがポイントになります。



以上、
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

【中学受験イベント紹介】第19回神奈川私立中学相談会2024年4月

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

今回は、首都圏の中でも神奈川県付近の方への私立中学の合同相談会のご紹介です。

神奈川県の私立中学校が通学圏内である方は、いい機会ですので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

第19回神奈川私立中学相談会

開催日時

2024年委4月29日(月・祝)

開催時間

  • 午前10:00~12:45
  • 午後12:45~15:30

 ※事前申込制で各回9,000名

開催場所

パシフィコ横浜展示ホール C・D

内容

神奈川県内の私立中学全57校が参加

  • 教育相談・入試報告など<各校ブース>
  • 5分間スピーチリレー
  • 私学なんでも相談コーナー
  • 制服展示コーナー
  • 書籍販売コーナー

料金

入場無料

予約方法

2024年4月3日現在予約受付中。
※受付終了は4/29(月祝)15:00まで。但し、定員になり次第、受付終了
以下のURLからアクセスしてください。
https://entry.phsk.or.jp/soudankai2024/

詳細・申込について

詳細は以下リンク先にて最新情報も含めてご確認下さい。
中学相談会 |神奈川の私立中学校・高等学校情報 一般財団法人 神奈川県私立中学高等学校協会

申込は1グループ最大5人までできるようです。

まとめ

神奈川県にて私立中学57校が参加する合同相談会「第19回神奈川私立中学相談会」が開催されます。

ゴールデンウィークと重なる4月29日に開催されますが、神奈川県の私立中学が通学圏内の方は、参加して、情報集めに活用されてみてはいかがでしょうか。

【中学受験】春休みが残り少ないのに、学習が進んでいない!助けて~!状態の人へ

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

4月になりました。
中学受験勉強のカリキュラム上だけでなく、実際に学年も進級して心も新たに学習にも取り組まれていることと思われます。
ご進級おめでとうございます。

ところで、同学年の方々が春の進級シーズンに心躍る中、中学受験生のいるご家庭、特に習い事との両立を試みているご家庭においては、「中学受験の学習が思うようにできていない!」と焦っておられることも多いことでしょう。

春休みも中盤を過ぎ、当初の計画通りに進まず、既に時間が足りない状態になってしまっている中学受験生にとって、何が最低限必要なのかをしっかり見据えて頂き、間違った方向へ時間を費やさないで頂きたいと切に願います。

恐らく一生懸命に取組まれるはずですので、今後に活きる、最大限の効果が得られる学習をして頂きたいと思い、今回のテーマといたしました。

順調に学習が進まれている方は、「うんうん、そうだよね。」と読み飛ばして頂き、時間が足りなく焦っておられる方は、目的と手段を意識したスケジュールを再度作成し、実行できるようにして頂ければ幸いです。

残り少ない春休み、何もできていないと焦るお悩み

進学くらぶの4年生カリキュラムを1年実施してきて、5年生へと進級した中学受験生の親御様からの悲痛なご相談です。

状況としては、習い事と両立しながら進学くらぶをどうにかこなしてきた状態ですが、思うような成績には達していず歯がゆい状態です。

学習も思うようにできておらず、目下の悩みは、春休みも終わってしまいそうない今、また学習が思うようにできていない状況の打破を試みたいところということです。


春休みが終わりそうですが、進学くらぶの春期講習も終わらず、焦っています。

春休みの学習スケジュールは、春期講習テキストが中心ですか?

進学くらぶの春休みのカリキュラムで届いたテキストを終わらせるように頑張っています。

終わりそうですか?
また、自分自身で解けるまで理解できていますか?

終わらせるのが精一杯の状態です・・・。

実は、進学くらぶも含め多くの塾の春期講習の真の目的は今までの復習になります。
要は、テキストを行うことが目的ではなく、復習をするために提供されたテキストなのです。

極論を言ってしまえば、
既習部分の復習ができていれば、春期講習のテキストは必要ありません。

春期講習のテキストをやるのを今すぐやめます!
春休みもほとんど終わってしまっている中でどうすればいいでしょうか?

既に、春休みの大半を春期講習のテキストで進めているのであれば、春期講習のテキストを活用した復習を目指した方が無難です。

春期講習のテキストをやりながら、サポートは必要になりますが、既習部分の復習をしっかり行っていきましょう。

ありがとうございます。
サポートの部分について教えて下さい。

このご質問に直接ご回答するのは後述の「お悩み相談の方への解決方法」にてお話させて頂きます。同じような状況の方はご参考にしてみて下さい。

春休みの学習ポイント

中学受験の4・5年生にとって、春休みのような長期休暇では、各塾において講習が設定され、それまでの復習と、今後のちょっとした予習が入るカリキュラムになっているはずです。

塾としては、復習を円滑にするテキストを用意して、講習を受講し予習・復習をすれば、休み前の既習部分の復習できるようにしています。

入塾後であれば、塾のカリキュラムに則って、実力をアップを図ることは有効なはずです。春期講習を受講する中でしっかり復習できるようなカリキュラムが設定されているはずだからです。

ただ、自宅学習の場合は、春期講習のテキストが届いたからと言って、そのまま春期講習テキストをすればいいとは限りません。

春期講習の真の目的

春期講習の目的は、既習部分の復習です。

進学くらぶ5年生でいえば、
4年生の総復習と5年生カリキュラムの第1~6回迄の復習ができていれば、目的は達成されているのです。

春期講習のテキストは、復習のための手段なのです。

春休みの学習でオススメしたい方法

既習部分のオススメしたい方法は、お子様の学習状況と許される時間により調整は必要になりますが、アプローチとして2通りあります。

例えば、進学くらぶ5年生において

  1. 予習シリーズと演習問題集を中心に復習
  2. 春期講習テキストを使用して復習

どちらがより有効であるかは、お子様次第となりますが、予習シリーズと演習問題集は、通常時に使い倒して理解十分の方は、春期講習のテキストを使用する方をお勧めしたい。

ただ、復習に重きを置くならば、予習シリーズと演習問題集を使用した復習をお勧めいたします。

なぜなら、予習シリーズと演習問題集は既に何回か復習もしているはずですので、できる問題と間違ったことがある問題が分かるように印が付いているはずです。

間違ったことがある問題のみ復習していけば、完璧に近づけるので、復習の近道になります。

予習シリーズと演習問題集を使用した復習方法

自分のレベルに合わせて、学習をしてきた単元の復習になるため、目標となる到達点に無理なく達することができます。

算数

全ての問題を学習しているお子様もいれば、例題・類題と基本問題のみを反復学習しているお子様もいます。

全単元において知識の穴がなく、回答できる状態か確認するため、既習学習レベルで復習するので構いませんし、少し時間と精神面で余裕があれば少し上のレベル迄実施しても構わないと思います。

考え方としては、組分けテストの学習をする際、週テストの回を復習する方法で、講習期間中に組分けテストの回を復習するといったイメージです。

1回目で正しく回答できた問題は既にやる必要はないため、今までに間違ったことがある問題とやったことがない問題のみをする必要があります。

やることがなくなった場合、もしくは更に復習問題が必要と思われた場合は、春期講習のテキストを使用することも有効です。

理科・社会

問題を解くことで復習ができ、知識の定着が図れる暗記物については、基本的な問題をサーッと解く必要があります。

組分けテスト週の問題部分が全部解けるのであれば、基本的に知識の穴はないと判断できます。

春期講習のテキストを使うことも問題演習量を増やすといった意味では有効です。

春期講習テキストはどうする?

予習シリーズ中心に復習をした場合、春期講習のテキスト迄手が回らない場合も多々あると思います。

既習部分の復習ができたのであれば、目的は達成できているので問題ないです。ただ、必ず、1通りの復習をすることは必須です。

時間的に余裕がある場合は、春期講習のテキストを使用して実力試しをすることがいいのではないかと思います。

復習が終わった後に春期講習のテキストを実施すると驚くほど、スイスイと解くことができます。

国語の文章読解等に割ける時間があるならば、新しい文章に触れる事もできるため、春期講習テキストを使用した方がお勧めです。

我が家の場合

自宅学習時の長期休暇中は、既習部分の復習に徹していました。

算数の学習は、組分けテスト週の学習を全て実施し、誤った問題については週テストの際の学習に戻って復習していきました。予習シリーズを実施した後、演習問題集を実施しました。

理科・社会については、予習シリーズの全問題を解き、知識の穴がある場合は解説部分を見る等して復習しました。そして、演習問題集を実施しました。

春期講習のテキストが手元にあるのにやらないことも不安だったため、予習シリーズと演習問題集にて復習を終えたのち、サーッとやることになりました。

ただ、復習を終えた後なので、問題を解くスピードも速く、誤答直し等も少ないため、思う程時間がかからず終えられました。

お悩み相談の方への解決方法

上記での会話形式でお悩み相談者に対して、どのようにするかアドバイスするとしたら、というお話をさせて頂きます。

相談者の状況としては、

  • 習い事と両立しながら小学4年生から進学くらぶを実施し、どうにか週テストは提出できている状態のため、思うような成績に達していない状態で1年経過。
  • 小学5年生となった4月、春休みもほとんど終わりに近づいている中、春期講習のテキストで学習しているにも関わらず、一通り終わるかどうかの状態で焦っている状態

恐らく、「上第8回週」の学習前に、勉強に使える時間もあまり残っていない状況だとお察しします。

春期講習のテキストを中心に多くの時間を要してきたのですから、それを使用した方法でないともったいないです。

少し、親御様のサポートという手間が増えてしまいますが、方法としては可能ですので、諦めずに復習をしていきましょう。やるべき順にお話いたします。

以下の方法は、既に春期講習のテキストに手を付けてはいるものの、復習には自信がないが、時間的余裕もない方専用のものになります。

算数

春期講習のテキストは一通り学習する。ただし、今から学習する部分に関しては、予習シリーズの通常学習するレベルに合わせて問題の取捨選択をするサポートが必要。通常より難易度が高い問題に時間を割く時間的余裕はないため。

春期講習のテキストにおいて、間違った問題に対応する、予習シリーズの該当問題を見つけ、再度復習する。基本問題の考え方の映像授業を見ることにより再度復習もできます。特に基本問題レベルは徹底した復習をする必要あり。

4年生の算数の復習は予習シリーズを使用して実施したいところですが、この方法を実行する必要のある方は、既にこの時間はないと思われる。

理科

春期講習のテキストを一通り、実施して理解だけでなく、自分で解答できるようにする。

時間に余裕があったとしても、理科においては、5年生カリキュラムの第1~7回週の復習のみでいい。それだけでも、分量は十分ある。4年生カリキュラムの復習は5年生の1年間を通して総復習できるので安心して欲しい。

社会

春期講習のテキストを一通りできているならば、良しとしましょう。

社会は、昨年から5年生の1学期まで地理の学習が続くので、5年生夏休みが総復習に適したタイミングでもあるので、時間のない今回は目をつぶりましょう

国語

国語の成績を維持していくには、読解問題を数多く解くことは必要なことだと経験より分かってはいます。

ですが、他3教科の算数・理科・社会の復習が終っていない場合は、他3教科を優先する他ありません。

国語が好きなのであれば、休憩時間に読解問題を解くというのもありですが、そのようなお子様も少ないでしょう。

まとめ

春休みも他の長期休暇と同じように、既習部分の復習が必要とされます。

進学くらぶも春期講習のテキストは手元にありますが、春期講習のテキストをやることが目的ではありません。

春季講習の真の目的が既習部分の復習がメインであるのと同じように、自宅学習者も、既習部分の復習に徹底しましょう。

春期講習のテキストは手段です。

お子様の学習状況と学習できる時間を考えて、春期講習のテキストを使用しても、しなくても構わないので、復習できるスケジュールをたてて、確実に実施していきたいものです。


以上、
最後までお読みくださりありがとうございました。

中学受験と塾と習い事の両立を考える Part2 塾選び

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

今回は、過去記事中学受験と塾と習い事の両立を考える Part1に引き続き、中学受験の勉強と習い事の両立についてお話いたします。

習い事を中心に、私自身の経験やスタンスについてお話させて頂きましたPart1にご興味がある方は、以下リンク先にてご参照下さい。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

Part2である今回は、塾選びについてお話させて頂きたいと思います。

入塾を考える時には、地域により主要な塾も異なりますので、首都圏の方には参考になるとは思いますが、首都圏以外にお住まいの方は、考え方だけでも参考にして頂けたら幸いです。

習い事と両立したい塾選び

習い事と両立したい場合の塾選びは特殊です。

要は、通常のいいと言われる塾に通えばいいのではなく、習い事をしているお子様の状況にあった塾を探さなくてはいけないのです。

塾を選ぶという立場ではなく、塾を探さなくてはいけないので、通常より親御様の時間も労力も必要になります。

ただ、塾探しはとても大切であり、入試結果に大きい影響を及ぼすところですので、かなり大変だとは思いますが、妥協せず頑張って欲しいことになります。

塾の説明会への参加

塾毎にどんな特徴があるのか調べるためには、噂レベルではなく、実際に教室に足を運ぶ必要があります。

入塾テスト等の活用

中学受験を考えるご家庭の多くが塾選びする時期には、入塾テストと同時に塾の説明会が設定されている場合も多いため、お子様の現状の能力確認と同時に塾を知る機会を得ることは望ましいです。

お子様の学力を客観的に知ることは、その後の戦略上、とても大切です。

そのためにも、気になる塾があれば、数か所の入塾テストを受験すれば、大体の成績は分かります。その際は、お子様の協力が必要になってしまいます。

同時期に一気に説明会に参加する必要性

回数は少ないかもしれませんが、入塾テストと異なる時期でも、定期的に塾の説明会は開催されていますので、「塾を調べる!」と考えた時には、一気に多くの塾の説明会に参加することをお勧めします。

同じ時期に多くの塾の説明会に参加する理由は、同じ時期や状況の中で、塾としての対応やカリキュラムについて知ることができるからです。

また、後程お話させて頂きますが、塾の先生とお話した際に、お子様の状況が同じである同時期に相談した場合の、塾の考える対応が見られることにより、入塾する価値があるのか否か判断ができます。

恐らく、塾の説明会に参加するのに適している時期は、多くの受験生が入塾を考える4年生カリキュラムが始まる前です。

3年生の2学期に一気に塾の説明会に参加するのがいいでしょう。

習い事と中学受験勉強を両立をすると判断するには、入塾はまだ先だとしても、塾の状況は分かっていた方がいいからです。

塾の説明会は、入塾希望校に参加するのではありません。

説明会に参加したい塾の基準と判断

塾を探す際に、説明会に参加する基準には以下のポイントがあります。


たくさんの塾の説明会に参加すると、塾ごとの特性が見えてくるものです。

入塾すれば、どの塾でも合格へ導いてくれるとは思っていません。

子供自身の本質的な学力を伸ばした先に中学への入学があるという考えを持つ塾もあれば、志望校合格へ導く中で本格的な学力が身についていくという考えの塾もあり、そもそも学力上位層が集まり競いながら入試へ立ち向かう塾もあります。

その塾の特性の良し悪しは、ご家庭の方針により異なるところです。

その中で、どのような塾がお子様に合うものか、もしくは、どの塾がご家庭の方針と合うものか等の判断が必要になります。

ただ、ここでは塾に対しての評価であり、習い事のと両立している場合はこれで終われないのが難点なのです。

塾の合格実績を確認

塾の説明会に参加するとその教室の合格実績の情報を頂けるはずです。

塾の説明会へ参加した場合や、塾を探している時には、必ず、その教室1つからの合格実績を教えて頂きましょう。

合格実績の見方

塾の宣伝として使われるような上位校合格者の人数は、恐らく数人で稼いでいるものです。

多くが受験する1つの学校での合格者が何人いるかで、そのレベルの受験生が何人いたかが推測されます。

入塾した場合、塾内で上位何人くらいにいれば、志望するような学校に合格できる可能性が高いかが分かります。

また、ご自身の志望校に何人合格者がいるかも判断材料になります。

教室により得意な受験校対策もありますし、受験傾向もあります。

志望校の合格を導いてくれる実績を確認できた方が、入塾してから、安心して入試当日迄迎えることができます。

塾の先生とお話してみる

普通に塾の説明会を比較して塾選びをするならば、特別なことがない限り、塾の先生にお話してみることは必須ではありません。

けれども、習い事との両立を考えているならば、直接先生に状況をお話し、その反応とアドバイスをしっかりと検証することが必要です。

習い事と両立したいと相談したら、どうなるか

4年生のカリキュラムが始まる時に、習い事は続けたい旨話した場合、2通りの回答に分かれます。

1つ目は、「習い事との両立は無理です。」

2つ目は、「通常は自宅で学習し、夏休みのような長期休暇の際、講習を受講していきましょう。」

2つ目の方が親切な回答だと一見思えますが、実は、1つ目の方が正直ですし、親切です。

2つ目は、道を示して下さった気になりますが、習い事をしている人は、長期休暇は通常時より忙しいことも多く、現実味はありません。

ただ、習い事の種類によっては、長期休暇に時間的余裕もあり、人一倍学習ができるならば、学習方法として可能化もしれません。

その際は、お子様の学習の強力なサポートができる人が必要だと思います。

それでも、2つ目は塾側の営業トークだと今は考えています。

塾として合格へ導ける方法ではなく、困ったご家庭の状況に対して提示できる唯一の方法なのだと思います。

塾のカリキュラムに乗れない状況の相談する家庭と対話して下さっただけでも、親切な先生であったと思います。

1つ目は、言われた際はショックを受けるはずですが、今考えると、塾の先生の立場から考えると正直であり、親切な回答でもあると思えます。

塾としては、塾のカリキュラムで、合格へ導くものなので、それ以外の方法を提示できないのは当然なのです。

ただ、その2通りの話でないことを伝えて下さる先生がいたならば、話をしっかり聞く価値は必ずあります。

特殊な回答を頂けたならば

塾の先生に習い事と中学受験の両立をしたいと相談した際、もし、本気の回答だと思える話をして頂けたならば、信じてみましょう

今、客観的に考えてみると、塾の合格実績に貢献すると判断される場合は、将来の入塾に向けた建設的な話がされるのではないかと思われます。

それは、先生の方針にもよりますし、塾の規模や状況にもよりますので、何よりもが必要になると思われます。

入塾の目的をよく考えましょう

入塾すれば志望校へ合格する訳ではないことは皆分かっています。

それでも、塾での学習は魅力的です。

習い事との優先順位と塾以外の方法の考慮

我が家で言えば、四谷大塚の自宅学習システム「進学くらぶ」でも、中学受験で合格を得ることはできたと思います。

入塾を考える直前もそのように感じていたのですが、本人と家族共に志望する中学校に確実に合格するためには、「進学くらぶ+私」では、自信が持てなかったのです。

塾を探していく中で調べていたため、習い事を両立していた中では、早稲田アカデミーのNNクラスが魅力的であり、その当時は唯一の合格への手段だと思っていました。

結局2人目も選ぶことになり、同じ考えの方にはオススメしたい方法でもあります。

大手塾には、個人では得ることができない、情報をたくさん持っています。

入試対策でも、個人で調べると途方もない時間がかかるものを、学校別に用意して下さっていることが魅力になります。

習い事を続けたいと考えた時に、塾に頭を悩ますことも多いと思いますが、塾は必須ではないと思います。

Part1の習い事の将来の位置づけの話にも関わってきますが、習い事を重視した志望校を選ぶのであれば、学習への比重は高くなくできるはずです。

本来の学習能力の仲間と同じ中学校を考える

習い事を諦めたくないものの、中学受験が気になってしまう大きな要因は、本人の本来の能力を考えてしまうからでしょう。

中学受験勉強が始まる前に、四谷大塚で開催されている全国統一小学生テスト等、公開模試等を受験することにより、ほぼ条件が同じ状態での学習能力が分かります。

高校受験では、そのレベルにあった高校へ入学することを考えると、中学受験をするならば、本来のお子様の学習能力にあった仲間がいる中学校へ入学させてあげたいと思うのも親心です。

そのために、習い事と中学受験で悩むのだと思います。

中学受験だけを実施しているとありがちな、より偏差値が高い学校へ挑戦するということでなく、自分自身にとって、本当に適したいい学校を選ぶことが、習い事と中学受験を両立するご家庭にとって、より大切になります。

それでも、実際に学習に力を入れるべきお子様も存在すると思いますが、それもレベルの違いはありますが、実現できるはずです。

お子様以上に、親御様の覚悟の大きさが求められますが、「両立する!」と決断できたならば、覚悟もできているはずだからです。

我が家も、小学校6年生で早稲田アカデミーNNクラスを受講しての志望校合格が叶っています。

我が家の場合

1人目の時には、3年生の2学期に多くの塾の説明会に参加しました。

同時に、数か所の入塾資格が得られるテストを受験しましたので、多くの受験生が学習を開始する前の段階で、我が子の成績がどの辺りに属しているか判断できました。

説明会には事前調査の下、多めに参加していたため、サピックスだけでも2校行くことになりましたが、地域性の問題で、どちらとも電車で同じ時間がかかる教室だったからです。

そこで分かったのは、同じサピックスであっても、教室の所在地の地域性や先生も異なるので、同じ印象にはなりません。

1人目の時は、入塾も視野に説明会に参加していたので、習い事と塾の両立ができないか模索しながら、相談もしていましたが、結局、将来的な入塾先も見つからなかったというのが結論です。

その当時には出会いがなかったのです。

習い事を辞める決断はできなかったため、ちょうど自宅に送られてきた、四谷大塚の自学システムである進学くらぶをみつけ、両立するにはこの方法しかないと信じて両立することにしました。

今思うと、その決断が正しくて、結局後々に、1度諦めていた入塾でしたが、既に説明会にも参加していた塾の校長先生の異動があり、方針も印象もガラリと変わり、その後お世話になることになったのです。

入塾前から相談させて頂きながら、入塾のタイミングも図り、志望校合格へ導いて下さいました。

何が縁になるかは分かりませんが、そのおかげで、1人目で両立の方法が分かり、2人目は自信をもって1人目と同じ方法で、習い事と中学受験勉強もできました。

ちなみに、2人目の入塾の際には、校長先生が異動になり、1人目の時とは異なり、習い事との両立を相談させて頂いたり、サポートして頂いた訳ではありません。

ですが、習い事を両立しながら自宅学習を行い、5年生秋に入塾する等、根本的にすべきことと、できることの変更はないので、問題ありませんでした。

中学受験と塾と習い事の両立を考える Part1 習い事

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

中学受験を考えるご家庭であれば、お子様に、幼少期から何かしらの習い事をさせてあげていることが多い時代です。

そんな中、いざ中学受験のための勉強を始めると、塾以外の習い事が悩ましく思えてしまうこともあるようです。

中学受験を1番に考えているご家庭は、塾以外の習い事をきっぱりと辞めてしまい、中学受験の勉強1本に集中します。

そのようなご家庭の方針も理解できます。

習い事のそもそもの目的は何かと考えた時、それ自体が各ご家庭により異なるところでしょう。

もしも、習い事の目的が、習い事を通して得られる集中力や根性や目標達成のために頑張りぬく力の育成にあるとするならば、中学受験の勉強の中で得ようとすることもできるのです。

そのケースでは、中学受験は、多くの方が考える習い事の役割を担っているのかもしれません。中学受験勉強=習い事ということになります。

習い事の種類や、お子様の習い事での目指すレベル、そして、親御様が目指させたいことにより、習い事との関わり方は変わってきますし、決断する方向性も変わります。

ただ、1つ言えることは、習い事は、中学受験を考える際には、思いっきり悩みのタネであり、中学入学後においても、習い事について、後悔しないまでも少し考えてしまうことであるということです。

悩んでも、悩み尽くしても、正しい答えなんて見つからないのです。

決断しないといけないのですが、自分なりの根拠と信念が必要になります。

今、決断しなくても、決断しないことが決断になってしまう時限式です。

習い事は辞めると決断しない限り、続けると決めているようなものです。

習い事を続けたまま悩み続ければ、中学受験について本気で向き合うことなく時が流れてしまいます。

習い事を続けると意識せずに、悩みながら続けているのであれば、習い事さえも本気で取組めていない状態になりかねません。

時間は容赦なく流れていきます。

習い事を「続ける」「続けない」どちらにしても決断して進みましょう。

中学受験を少しでも考えたのならば、しっかり考えて、決断して、本気で取り組むべきです。

「本気で取組む=他の全てを諦める」ではないはずです。

その判断材料の1つにでもなればと思い、今回を含め数回にわたり「中学受験と塾と習い事を考える」をお話させて頂きます。

Part1の今回は、「習い事」について主に目を向けていきたいと思います。

まずは私のスタンスを知って下さい

「中学受験両立応援!」を運営している時点で、私自信は中学受験の勉強1本で頑張ることを勧める方針ではないのは分かると思います。

「中学受験の勉強1本組」の方々を否定はしません。

なぜなら、先程もお話していたように、中学受験=習い事という状況の方にとっては、たまたま習い事が中学受験であっただけで、習い事と同じような目的も含まれている場合もあるからです。

中学受験の1本に絞ってサポートしていく親御様は覚悟があります。他の全てを差し置いて、中学受験にかける意気込みは素晴らしく、両立組が同じ土俵で戦うにはそれ以上の覚悟が必要なのだと、当時恐ろしくもありました。

今からのお話は、中学受験と何かを両立させていく際の、悩みに対する判断材料になればと思いお話しますので、「中学受験の勉強1本組」の方は、ほぼ参考にならないと思います。

私自身は、「中学受験両立組」です。

「中学受験両立組」の中にも程度の問題があると思いますので、その点についてお話していきたいと思います。

我が家の2人の子供場合

私自信が中学受験をした当時、1年間のみ中学受験1本組のようなもので、それ以外の期間は自由に過ごさせてもらっていました。

ただ、その方法は昔ならではであり、現代の中学受験ではありえないことです。

現代の中学受験は4教科をしっかり学習しなくてはならず、昔とは比べものにならないくらいレベルが高くなっています。

中学受験の独特な学習は、中学受験を経験していなければ分からないとは思いますが、昔中学受験を経験した親御様の意識もアップデートしないと現代の状況についていけないものとなっています。


男女1人ずつの我が子は、2人とも、習い事と中学受験を両立させながら限界まで進学くらぶで自学し、塾の先生とも相談の上5年の秋に早稲田アカデミーに入塾しました。

習い事の調整の仕方はそれぞれ異なりますが、一定期間両立しながら、直前期には受験勉強1本に集中しました。

両立が可能であったポイントは以下が考えられます。

  • 四谷大塚と同一カリキュラムの自学学習システム進学くらぶがある
  • 早稲田アカデミー四谷大塚カリキュラムに則って実施されている
  • 算数のカリキュラムでは5年秋以降の比の学習により、入塾後に学習範囲の多くを比による復習が可能
  • 早稲田アカデミーの6年生学習カリキュラムとサポート
  • 早稲田アカデミー6年時の志望校別週末授業NNクラス
  • 相談できる人に出会えた(我が子の場合は入塾前から塾の先生)
  • 受験生本人である子供自身が、中学受験も習い事も大切に考えて、頑張り抜いた
  • 親がモチベーションを高く維持し続け、サポートできた


詳細にご興味がある方は、過去記事をご参照下さい。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

経験を踏まえて、今3人目がいたならば・・・

1人だけの志望校合格ならば個人に由来する結果ではないかと思われますが、2人目も同じ方法で実施し、志望校合格をしたという点で、個人由来の結果でないことが分かります。

また、2人は男女という性別も異なるため、性別や個人由来の合格への結果ではないと分かります。

私には子供が2人しかいないため、中学受験終了組ですが、もし、もう1人子供がいて、習い事を2人と同じように頑張っていて成果も出ているならば、2人と同じような方法で中学受験に挑むはずです。

要は、小学4年生から進学くらぶで学習し、中学受験を本格的にいつか導入できるよう中学受験勉強の基礎は最低限身につけて、習い事と両立します。

入塾は、早稲田アカデミーで厳選し、5年生秋入塾のために、塾へのご相談等を進めておきます。

入塾までに大切なことは、全国統一小学生テストの受験と、進学くらぶでの組分けテストでの高得点維持(本人なりの)です。

入塾した際に、その塾で合格してもらわないと困る子であれば、しめたものです。

ただ、目指す学校も様々ですので、状況により、クラスのレベル等も考えず入塾で大丈夫な場合も多々あります。

その後、本人の状況や意思を尊重しつつ、習い事の回数等を調整し、6年秋迄には中学受験勉強1本に集中して、合格を目指すと思います。

年々、中学受験の戦いは厳しくなっていますが、まだ、この方法で合格が目指せると信じています。

終了組だからこそ簡単に言えてしまいますが、この方法を実践するためには、相当な親の覚悟と、親の強力なサポートと、お子様の頑張りが必要になってきます。

「両立組」だけでなく、「1本組」であっても、中学受験においては、親の力が必須です。

ですが、親が助けられる最後の学習です。

中学生になったら、親離れします。

言ってしまえば、中学受験本番直前期には、学習に関しては自立してしまいます。

最後と思えば、忙しくても大変でも、どうにか頑張れそうですよね。

習い事の種類と目指すレベルで変わること

習い事によって特性があり、習い事との向き合い方も異なります。

習い事をする時間のみでいい場合もあれば、それ以外にも時間が必要だったりする場合もあり、学習する上では時間的に制限がかかってしまします。

また、習い事の種類によっては、中学受験期と言われている小学校高学年での練習や学びが重要な習い事もあります。

以上は、個々に加味していかなくてはいけないのですが、その上で、習い事とどう付き合うかのヒントとして以下お読み下さい。

その習い事にとって、今が大切ですか?

小学校6年生の最後までが、その習い事にとって大切な時期である場合は、習い事か中学受験か選ぶ必要があるかもしれません。

小学生までしかできない習い事であるとか、自分にとって、小学生の間がその習い事の勝負時であると考えられている場合は、今は習い事が大切なはずです。

同じ状況であっても、判断する人が異なると、その評価も異なってしまうので、本人以上に親御様のスタンスがキーポイントになってしまいます。

「うちの子すごいわ!頑張らせたい!」と思っているならば、習い事に全集中させていいかの最終判断は、中学受験の判断と同時にしてあげましょう。

中学受験は、絶対的に今が頑張り時だからです。

習い事も今が頑張り時ならば、中学受験でなく、どの段階で、どのように勉強をしていくのかを必ず判断し、お子様も納得しておくようにしましょう。

中学校や高校でも続ける予定ですか?

習い事を少し休んだとしても、生徒数がある程度いる中学校であれば、同じような境遇の仲間がいるはずです。

部活動であれば、その仲間も含めて、楽しめると思います。

我が家の子供2人も、小学校の習い事を部活として選び、習い事としても暫く続けていました。

習い事に本気で取り組んでいて、本当に好きだった習い事だったからこそ、小学校時代にいたレベルでなくなったとしても、楽しめているのだと思います。

習い事の種類にもよりますが、中学受験を終えたと同時に習い事に本格的に戻り、レベルを戻すことも可能だとは思います。

中学生になった頃には、本人の意思でその判断もできるようになっています。

将来の仕事にするものですか?

今の習い事が、将来のお仕事に繋がる予定であれば、それは早い段階で自分の才能が開花し、適職が見つかった幸せな状態です。

その場合、ぜひ、その習い事のための中学校を探すことをお勧めします。

私立・公立は関係なく、その習い事を極めるために必要な進路を考えてあげるべきです。

習い事の種類により、その適正な進路は異なるはずです。

我が家の場合

中学受験期において、習い事でも大切な時期でした。

習い事は休み事が許されないものであったと同時、戦えている状態の子供に中学受験のためにその戦いを休ませることをしていいものか、かなり悩みました。

また、もし中学受験せずに習い事1本で続けた場合も、高校受験が3年後にあることも悩ましかったのです。

習い事の成果で高校推薦を目指した場合も、高校生活が制限され、何かあった時に選択の余地がなくなる不安がありました。

それでも、習い事のための私立中学進学は考えられなかったのは、恐らく、習い事を将来の職業として考えていた訳ではなかったからなのだと、今なら思えます。

本気で頑張っていた我が子だからこそ、習い事も続けさせてあげたいとは思いましたが、常に状況や親の思うこと等を話していましたが、現状と将来も考えて、本人に正直に話し、最終的な決断は本人に任せました。

最終的な決断は、親としては既に入塾できる準備も揃え、中学受験をするならば今から入塾するか、もしくは中学受験のための学習を今後全くしないかの決断にしました。

その時までは、親として、中学受験の最低ラインの自学をサポートし、入塾のデッドラインを見極めて、調整していましたが、その状況については子供が知る由もありません。

最終的に、中学入学後も習い事も継続しつつ、部活も所属して、新しい仲間も増え、楽しく活しています。

ただ、習い事でのトップレベルの戦いはしていません。

復活しようとすれば、できないことはなかったのですが、それも子供自身の選択です。

現時点で、親子共に選択を後悔することは全くなく、最善の策であったと、幸せに暮らしています。

まとめ

中学受験を考える時、習い事を辞めるべきか迷う方も多いですが、両立を試みたいと願う方も少なからずいます。

習い事の両立を実現している方は、その程度は異なりますが、入学後に一定数は存在します。

習い事の種類や特性、その目指すところにより、状況は異なりますが、将来の事も考えたプランを早い段階で真剣に向き合って考えて、習い事と中学受験をどうするか決断すべきです。

悩んでいるつもりでも、時間の経過とともに決断してしまっている状態にならないように、意思を持って決断して、後悔のないようにしたいものです。

習い事を辞めるにしても、両立するにしても、決断することにより、その決断後に頑張ろうとしていることには、本気で取組めるはずです。

chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com



以上、
最後までお読みくださりありがとうございました。

【中学受験】Discover私立一貫教育2024東京私立中学合同相談会のご紹介

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

今回は、私立中学校の合同説明会のご紹介をいたします。

少し先のイベントにはなりますが、中学受験を考えるのであれば絶対に押さえておきたいものになりますので、早めにご紹介させて頂きます。

首都圏受験生のご家庭の方は、確実に参加できるように、スケジュールの調整と、ご予約をお忘れなくして下さい。

「Discover私立一貫教育2024東京私立中学合同相談会」について

都内の私立中学校172校が参加する「Discover私立一貫教育2024東京私立中学合同相談会」各校がそれぞれのブースでポスターセッション方式による学校説明が行われます。

開催日時

開催日/2024年5月12日(日)
開催時間/10時~17時30分

開催場所

場所/東京国際フォーラム地下2階ホールE

参加方法

完全予約制 
※ご入場には事前の申し込みが必要。

申込多数の場合は抽選をします。

入場する際に必要な「受付票」が、4月30日(火)までにメールにて送られてくるとのことです。

※申込多数により抽選を行った場合も、4月30日(火)までにメールにて抽選結果をお知らせ下さるとのことです。

予約申込み期間

4月5日(金)10時~4月24日(水)15時

入場開始時間

各入場時間の定員は3,000名前後を予定

10:00~(最終入場時間11:00)
11:00~(最終入場時間12:00)
12:00~(最終入場時間13:00)
13:00~(最終入場時間14:00)
14:00~(最終入場時間15:00)
15:00~(最終入場時間16:00)
16:00~(最終入場時間17:00)
終了時間 ~17:30

事前に予約申込みをし、予約した入場時間に合わせて来場するそうです。
ただ、抽選を行った場合は、当選した方のみ入場できるとのことです。
1組につき予約は3名まで。
滞在時間に制限はありませんが、長時間の滞在はご遠慮くださいとの注意喚起があります。

参加当日について

会場入りする前にしておきたいこと

  1. 受験候補校が参加しているか確認
  2. ブースにて相談したいことがある学校を確認
  3. ブースで先生方も含め、雰囲気を知りたい学校を確認
  4. 学校紹介資料等を頂きたい学校を確認

服装と持ち物

面接ではないので、自由な服装で構いませんが、お勧めは少しキレイ目の方が先生方に相談する場合も気が引けることがありません。

お子様の服装は全く気にしなくて大丈夫です。

親子共に悪目立ちしない程度であれば、全く問題ないはずです。

会場で、資料等を入れる袋は頂けるはずですが、多くの資料をまとめて入れられる丈夫なカバンや手提げ袋を用意しておいた方が便利です。
筆記用具、資料を持ち帰るためのかばんや手提げ袋を用意しましょう。

過去の様子とポイント

コロナ禍を経験して、本イベントの参加方法が変化しています。

開始時間前に行列に並び入場する時代もありましたが、抽選で参加できなくなることもありました。

今回の時間予約制にも関わらず時間制限なしであり、多数の場合のみ抽選というのは、どのような状況になるかは「受付票」が送信されてくる4月30日になるまで分からないかもしれません。

ただ、考えなくてはいけないことは、例年、朝早くから人気のある学校のブースは大行列ができてしまうという点と、学校資料なども早い段階でなくなってしまう学校もあるということです。

その点を考えると、朝早い段階の予約をしたくなるものです。

その一方で、時間ごとの予約制ということで、抽選するか否かは時間毎に決まるならば、朝一番の時間帯の予約は競争率が高く、抽選となってしまう可能性が高いのかもしれません。

予約開始時に予約の時間をどのように希望するか確認した後、総合的に考えて希望する時間を予約したいものです。

まとめ

今回は2024年5月12日(日)に開催される「Discover私立一貫教育2024東京私立中学合同相談会」をご紹介させて頂きました。

中学受験を考えているご家庭にはご参加をお勧めしたい合同説明会になりますので、詳細をよくご確認の上、完全予約制での開催になりますので(抽選の可能性もあり)、参加を希望される方は、4月5日(金)10時~4月24日(水)15時に予約申し込みをお忘れなく行って下さい。 


以上、
最後までお読みくださりありがとうございました。

【進学くらぶ5年生】「上第7回週」の勉強の進め方と必要なこと

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

5年生の最初の組分けテストの結果も出たことを受け、やる気が満ちている等さまざまな感情がある一方で、組分けテストが一段落して、春休みがあるために、少し心のゆとりできてしまっている時期ではないでしょうか。

心のゆとりは必要ですが、カリキュラムに沿ってすべきことや学習を着実に進めていないと、後々にしわ寄せがやってきてしまい、苦しむことになってしまいますので、近い未来の自分たちのために頑張っていきたいところです。

では、2024年3月18日現在の進学くらぶ5年生受講者が考えることややるべきことについてお話させていただきます。

進学くらぶ【5年上第7回】

【記入日:2024年3月18日】

算数:売買損益
国語:物語・小説(4)/心情変化② 助動詞②/慣用句②
理科:天気の変化
社会:結びつく人・物・情報

「上第7回週テスト」のための勉強

進学くらぶ5年生の現段階の週テストのための学習は、4年生から行っている今までの学習と変わりはありません。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

算数「売買損益」も入試本番でも出題される単元

実際の入試では文章題として、先週の「濃さ」の食塩水よりは頻度は低いようですが、実際に一定出題が見られます。

解法の技術は多くはないので、パターンとして習得し、問題を解くことに慣れてしまいましょう。

上第6回週テストの4教科の復習

進学くらぶ5年生の現段階の週テスト後の復習は、4年生から行っている今までの学習と変わりはありません。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

春休みの学習スケジュールをたてる

春休みも直前に迫っています。

春休みは短いですが、小学校の宿題も少ないはずですので、勉強する時間を確保できる可能性が高いのが嬉しい長期休暇です。

習い事等と両立した受験勉強を頑張っているならば、尚更このような絶好の時期を逃してはいけません。

学習スケジュールを作成することも大変だとは思いますが、今までの遅れをキャッチアップできたり、少しアドバンテージがとれるかもしれないと、ここは少し頑張りどころです。

春休みの予定を確認する

春休みは進級することもあり、学校の行事もあったり、家庭でのイベントもあるかもしれません。

しっかり予定を確認してから、学習時間を確保していきたいので、まず予定の確認をしておきましょう。

勉強したいことを確認する

冬休みには5年生カリキュラムの前に4年生の算数だけは総復習するべきとお話させて頂いておりました。

春休みは短いです。ただ、学校もなければ、宿題も他の長期休暇よりも少ないはずです。ライバル受験生が構えて学習していない春休みに、勉強時間を思いっきり確保してみましょう。

それでも、短い時間を有効活用しないといけないため、本当に勉強しなくてはいけないことに絞って学習計画を立てましょう。

勉強しなければいけないことは個人により異なるところではありますが、確認しなければいけない優先順位の1番は算数です。

冬休みに4年生の算数の復習ができていない場合は、算数を重点的に学習することが今後の算数の学習が順調に行くはずです。

そして、既に始まっている5年生カリキュラムの第1回~第4回の理科・社会・算数について、しっかり復習しましょう。

理解するレベルではなく、自分で解ける=できる!レベルを目指します。

以上の学習ができれば、春期講習のテキストはほぼ網羅されています。

心配な場合は、最後に春期講習テキストを解くと、学習前に解くよりもスラスラできるはずです。

我が家の子は、講習のテキストを習熟度確認のテスト代わりに使ったりしていました。

勉強できる時間の確認と内容の調整

予定一覧を確認し、毎日確保できそうな学習時間の合計を確認します。勉強したいことをするための時間の合計と比較し、時間が足りない場合は、調整が必要です。

学習量を減らすだけでなく、朝学習や睡眠前の少しの暗記等、隙間時間の活用も加味すると学習時間は積み上がりますのでお試し下さい。

ご参考

最新記事

前回「第6回週」以降に掲載させて頂いた記事です。もしよろしければ、ご参考にして下さい。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

参考記事

中学受験の最新情報記事集です。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com



まとめ

春休み前最後のカリキュラム「上第7回週」の学習をしっかり行いつつ、春休みの学習スケジュールをたてておきましょう。

春休みの学習は、今までの復習に尽きます。

今までの復習とは、4年生の学習範囲と5年生カリキュラムの1回~7回の復習になります。

特に必要な学習は、今後の復習タイミングが来ず、今までの学習が今後に関係するものになります。

算数は絶対に復習することをお勧めします。

4年生カリキュラムの学習を踏まえて、より応用問題へと繋がる学習が5年生カリキュラムで進められていきます。

5年生秋以降には比での学習が始まりますが、その前の基礎学習をしっかりと身につけておきたいものです。

社会は地理の範囲がまだ続きます。

理科はスパイラル学習ですので、「4年生のカリキュラムの復習」+αが5年生のカリキュラムとなっているため、4年生の範囲は5年生で総復習できます。

現段階で復習が必要な範囲は5年生カリキュラムの第1回~第7回の範囲です。



以上、
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

【中学受験】プレジデントファミリー春号発売記念イベント 無料オンラインセミナー

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

今回は中学受験生のご家庭だけでなく、低学年でまだ中学受験を考えている段階のご家庭も気軽に参加できる無料のオンラインセミナーのご案内です。

高学年になると、時間も限られており、お子様の学力や志望校が決まりつつあるので、厳選した説明会等の参加が必要ですが、低学年の場合は、視野を広くさまざまな学校の説明会や多くの情報を得ることが必要です。

まだ、高学年でない場合は、偏ることない情報を得るためにも、先入観なく、情報を得てから、ご自身にとって要不要を判断し、方針を固めていかれるといいと思われます。

その点、今回ご案内するセミナーは、無料、かつオンラインですし、何より、季節毎に発行されているプレジデントファミリーの春号発売イベントとして開催され、開成中学豊島岡女子学園の校長先生の対談もあり、参加する価値がありそうです。

「小学生のうちにやっておきたいこと&2024年中学入試振り返り」概要

開催日時

2024年3月19日(火)
19:00~21:00

配信方法

Zoomウェビナー

参加費

無料(事前申込制)

申込み方法

下記リンク先にて、詳細のご確認とご予約ができます。
eventregist.com

内容

プレジデント社が、小学生の家庭や中学受験を考える家庭を応援する無料オンラインセミナーを3月19日に開催。

3月5日発売の「プレジデントファミリー春号」の発売記念イベント。

1部「【特別対談】小学生のうちにやっておきたいこと」

開成中学高校の野水勉校長と、豊島岡女子学園竹鼻志乃校長が、「小学生のうちにやっておいてほしいこと」というテーマで対談する。

2部「プロが教える! 『24年度入試』振り返り&注目ポイント」

声の教育社の後藤和浩氏が24年度入試を振り返る。

3部「ライバルに差がつく最高の<春>準備」

進学塾VAMOSの富永雄輔氏が学年別に、今のうちにやっておいたほうがいいことをアドバイスする。

4部「【特別対談】成功する中学受験になるために」

声の教育社の後藤和浩氏と進学塾VAMOSの富永雄輔氏の対談。

まとめ

プレジデントファミリー春号の発売記念イベントとして中学受験生のご家庭を応援する無料オンラインセミナーについてご案内いたしました。

2024年3月19日(火)の19:00~の開催ですが、オンライン開催ですし、翌日は祝日ですので、参加しやすいのではないかと思われます。

中学受験の情報を少しでも得たい方や、開成中学豊島岡女子学園に興味があるご家庭等、幅広いご家庭で参考になるセミナーになりそうですので、ご興味がある方はご予約してみて下さい。


以上、
最後までお読みくださりありがとうございました。

【進学くらぶ5年生】「上第6回週」の勉強の進め方と必要なこと

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

5年生カリキュラムになって初めての組分けテストお疲れさまでした。

恐らく、組分けテスト前に復習をしようとした際に、その学習範囲の広さに親御様の方が驚かれたことでしょう。

4年生のカリキュラムと同様、4週間分の学習範囲が組分けテストの範囲となるのですが、算数もしっかり学習しないといけない内容であるのにも関わらず、理科は3倍以上の学習範囲であり、社会も覚えることがたくさんあるので、確実で、丁寧な学習が必要とされてしまいます。

やっとの思いで週テストを越えてきた中で、組分けテストのハードルは高過ぎると感じた方も多いのではないのでしょうか?

ただ、そんな状態の方が大半であると思って、諦めずにくいついていけるかが分かれ目だと肝に銘じて、どうにかモチベーション維持を図っていきたいところです。

お子様自身の大変と感じる気持ちは、4年生の時も5年生になった今も、さほど変わらないと思います。全て新しいことを、素直に受け止めているはずです。

では、上第6回週の勉強の進め方と必要なことについてお話させて頂きます。

進学くらぶ【5年下第6回】

【記入日:2024年3月11日】

算数:濃さ
国語:物語・小説(3)/心情変化① 助動詞①/和語②
理科:気象の観測
社会:公害と環境問題

「第6回週テスト」のための勉強

4年生の頃と同じ方法で、週テスト前の学習は進めます。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

算数「濃さ」は入試に出題も多い食塩水の問題の基礎固め

割合の文章問題の中で、食塩水の問題は幅広い学校で入試に多く出題される単元です。

今後の発展問題の基礎になりますので、パターンをよく理解した上で問題を解いていく中で、慣れていきましょう。

少し難しい問題では、食塩水の要素の中で、何が変わらず、何が変わるのかを正確に把握し、図を書くことにより、問題を確実に解いていくようにしましょう。

将来的に、理科の問題で役立つこともあります。

第1回公開組分けテストの4教科の復習

4年生の時と同様のやり方で復習します。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

そろそろ春休みの予定の確認をして学習計画をたてましょう

5年生カリキュラムになったばかりで、やっと組分けテストも終わってホッとしたいところではありますが、春休みが間近になっています。

進級して、受験勉強としてだけではない5年生になる準備が必要な時になり、忙しいとは思いますが、長期休暇は受験生にとって、絶好の成績アップチャンスになりますので、この機会は逃さず活用していきたいものです。

春休みは短く、春の暖かさや桜の開花に心躍らせているうちに春休みが終ってしまうのです。

短いから何もできないと諦めてしまうのではなく、小学校がないだけで学習時間をかなり確保できるはずなので、有効に活用したいですよね。

両立していて忙しい方程 頑張りどころの春休み

以前もお話しましたが、受験勉強について言えば、後ろ倒しにするほど、必要な労力は次第に大きくなってしまいますし、厳しくなってきます。

例えば、「習い事と両立しているから、こんなものか」と妥協するのは簡単です。

でも、今まで週テスト・組分けテストを受験できる程度には頑張ってこられたのならば、諦めずに踏ん張ることをお勧めしたいです。

両立を決めた時、厳しくなることは覚悟の上だったはずです。

受験勉強にどの時点で重点を置いた学習をするかは成績や状況にもよると思いますが、その時からが本当の勝負のはずです。今は中学受験生1本でやっている人に劣るのは当たり前と思いながらもくらいついていかなくてはいけない時期です。

本格的な5年生の学習が始まる今、立て直すための最終チャンスだと思って、短い春休みくらい頑張ってみませんか?

最低限やるべきは、

  • 4年生の算数の復習
  • 第1回~第4回算数・理科・社会

春期講習のテキストに右往左往して何も身につかないまま春休みを終えることがないようにしましょう。

春期講習のテキストがあると、なぜか何よりも優先させてやるものだと勘違いしてしまいそうですが、実はテキストも春休みに行うべきことを助けるためのツールであることを認識しましょう。

春休みの学習の目的は、今までの復習と、その後の学習への導入です。

とにかく、今までの学習を総復習できるのは、長期休暇しかありません!

長期休暇を制した受験生は、その後の学習のかじ取りがうまくできるようになります。

入試本番までに長期休暇はそんなにありません。しかも、時間的にも精神的にも余裕があるのは直近の長期休暇です。どんどん余裕はなくなり、やるべきことが決まっています。

短い春休みでも学習のスケジュールをしっかりたてて、後悔しないようにしたいですよね。

春休みの予定を確認する

春休みは進級することもあり、学校の行事もあったり、家庭でのイベントもあるかもしれません。

しっかり予定を確認してから、学習時間を確保していきたいので、まず予定の確認をしておきましょう。

勉強したいことを確認する

冬休みには5年生カリキュラムの前に4年生の算数だけは総復習するべきとお話させて頂いておりました。

春休みは短いです。ただ、学校もなければ、宿題も他の長期休暇よりも少ないはずです。ライバル受験生が構えて学習していない春休みに、勉強時間を思いっきり確保してみましょう。

それでも、短い時間を有効活用しないといけないため、本当に勉強しなくてはいけないことに絞って学習計画を立てましょう。

勉強しなければいけないことは個人により異なるところではありますが、確認しなければいけない優先順位の1番は算数です。

冬休みに4年生の算数の復習ができていない場合は、算数を重点的に学習することが今後の算数の学習が順調に行くはずです。

そして、既に始まっている5年生カリキュラムの第1回~第4回の理科・社会・算数について、しっかり復習しましょう。

理解するレベルではなく、自分で解ける=できる!レベルを目指します。

以上の学習ができれば、春期講習のテキストはほぼ網羅されています。

心配な場合は、最後に春期講習テキストを解くと、学習前に解くよりもスラスラできるはずです。

我が家の子は、講習のテキストを習熟度確認のテスト代わりに使ったりしていました。

勉強できる時間の確認と内容の調整

予定一覧を確認し、毎日確保できそうな学習時間の合計を確認します。勉強したいことをするための時間の合計と比較し、時間が足りない場合は、調整が必要です。

学習量を減らすだけでなく、朝学習や睡眠前の少しの暗記等、隙間時間の活用も加味すると学習時間は積み上がりますのでお試し下さい。

ご参考

先週から1週間での新着記事

先週の「上第5回週」の記事以降に掲載させて頂いたものです。ご参考にして頂けましたら幸いです。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

まとめ

進学くらぶ5年生カリキュラム最初の組分けテストお疲れさまでした。

第6回~第7回の学習をしながらも、春休みに向けて学習のスケジュールを作成しておくことが有効です。

春休みには春期講習のテキストを中心に行うのではなく、自分に必要な学習を考えてスケジュールを組むことが成績アップの秘訣です。

5年生のカリキュラムを円滑に進めていくためには、まずは、4年生の算数の総復習、そして、5年生カリキュラム第1回~第4回理科・社会・算数の復習をしっかり取り組みたいところです。

思い描く状態になれるよう、頑張っていきましょう!


以上、
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

【イベント紹介】第6回 私立女子中学校フェスタ 2024年3月

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

そろそろ春になり、2025年度以降に実施される入学試験の受験生に向けた、学校説明会や合同説明会の開催が案内され始めます。

後述しますが、学年毎に基本的な参加方針を意識しつつ、貴重な時間の中、参加する目的を明確にして、各説明会にて情報を得ていきましょう。

今回は、私立女子中学校フェスタのご案内ですので、女子受験生向けになります。

女子中学校を志望しているご家庭だけでなく、女子校をまだ知らない方も参加してみるといいかもしれません。

2024年3月7日現在の情報になります。

第6回私立中学校フェタについて

開催日

2024年3月31日(日)

午前の部 9:00~12:00
午後の部 13:30~16:30

参加方法

事前申込制
予約受付中です。
以下リンク先にてご予約できます。
私立女子中学校フェスタ

参加校(五十音順)

跡見学園
江戸川女子
鷗友学園女子
大妻
大妻中野
共立女子
実践女子学園
十文字
女子聖学院
東京家政大学附属女子
豊島岡女子学園
日本大学豊山女子
富士見
普連土学園
文京学院大学女子中学校
三輪田学園
山脇学園
和洋九段女子

公式ホームページ

詳細は以下リンク先にてご確認下さい。
ご予約もこのリンク先にてできます。
私立女子中学校フェスタ
https://www.codia.co.jp/joshifes/

個人的に考えること

女子中学校の合同説明会は、場所毎などで何度か開催されることもありますが、参加校が異なりますので、受験候補校が揃っている説明会を選ばれた方がいいです。

ただ、女子御三家が参加するような説明会は、地域で開催されるものなど以外では、最大規模の合同説明会もしくは中学校主催の学校のみになります。

女子校を志望している方は、女子校フェスタのようなイベントに参加するとは思いますが、女子校を全く知らない方程一度参加してみるのもいいと思います。

都内には女子校の校数もかなりありますので、情報がない場合は、1校1校訪問して確認するのは難しいです。

まずは、合同説明会等に参加して、女子校の良さ、しかも、一言に女子校と言っても、学校毎にその特色は全くことなりますので、学校研究する価値はあります。

学年毎の基本的な参加方針

今後の説明会等の参加の方針としてはご家庭の志望校決定状況と今までの説明会への参加状況により調整が必要ですが、各学年によりご参考にして頂きたい参加方針があります。

現5年生(新6年生)

現5年生は受験候補校が全て出展しているような大きな合同説明会にて最終確認し、受験する可能性が高い学校に関しては、各中学校主催の学校説明会や入試説明会に参加することが基本と考えていいと思います。

受験生ご本人が参加するのは志望順位が高い、志望校主催の学校説明会や入試説明会のみで構わないです。

受験生本人が参加する場合は、志望校への入学したい気持ちを高め、モチベーション維持を図る目的になるはずです。

現4年生(新5年生)

現4年生は、受験生本人は受験勉強が優先されます。

ただし、志望校に訪問することでモチベーションを高める場合は中学校主催の学校説明会に参加することも有効です。

また、今までに学校を知る機会がなかったり、勉強の意欲向上を図りたかったりする場合は、合同説明会等に参加して、私立中学校の魅力を感じたり、学校研究してもいいかもしれません。

現3年生(新4年生)

現3年生は、受験生本人が多くの学校を訪問したり、説明会に参加したりできる、時間がある程度許されている最後の年と考えて、必要な情報を得るためには足を運ぶことが必要です。

学校訪問することや生徒さんとお話したりすることで、受験生本人が通いたいと思うかどうかの判断ができます。

現2年生以下(新3年生以下)

現2年生以下の場合は、親御様の勉強期間と考えて、できる幅広く参加することをお勧めします。

受験生本人は一緒でなくて構いません。

むしろ、受験生本人は本格的な受験勉強期間前の、貴重な、勉強以外の事に時間をかけられる時ですので、時間を有効活用するためにも、親御様が下調べする期間と割り切ることが効率的です。





以上、
最後までお読みくださりありがとうございました。

中学受験のサンデーショックにご注意を!2026年入試対応

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

フェリス女学院のニュースを耳にし、サンデーショックを気にしないといけない学年の受験が近づいたことに気づきました。

数年に1度訪れる中学受験界のサンデーショック

今回は、サンデーショックについてのおや、サンデーショックの年に当たる受験生が気を付けたいこと等をお話していきたいと思います。

サンデーショックとは

サンデーショックとは、東京都や神奈川県の私立中学入試における用語です。

東京都と神奈川県における、私立中学校一般入試の開始日である2月1日が日曜日となる年に、一部のミッションスクールが、例年2月1日に実施する入学試験を別日に変更します。

そして、それに伴い、例年の受験日程とは異なるため、一部の受験生は併願校の選択や受験スケジュールに影響が出ます。

以上の事象全体を、サンデーショックと言います。

直近でのサンデーショック

2月1日が日曜日になる年ですので、

過去には2004年、2009年、2015年が該当していました。

今後は、2026年、2032年、2037年が該当します。

都内女子上位層にかなりの影響が出る

ミッションスクールであれば影響が出る可能性があります。

特に、都内では、女子御三家である女子学院が該当するため、併願校含め大きく影響が出ます。

というのは、女子学院が2月2日に受験できるとなると、御三家志望のご家庭は、桜蔭と女子学院の2校同時受験を試みます。

2校の受験で大きく影響されるのは、豊島岡女子学園でしょう。

元々、豊島岡女子学園を第1希望と考えている場合は、2月2日に受験するはずですが、むしろ、2月2日に受験しないと厳しい結果になり得ます。

この流れで、次に影響が出始めるのは、鴎友学園や吉祥女子かもしれません。

サンデーショック以外の年も日曜日の影響はある?

サンデーショック以外の年も、ミッションスクール受験日が日曜日であると影響がある可能性がありますので、注意が必要です。

代表的な学校としては、例年2月2日に入学試験が実施されている青山学院です。

2025年が該当しますので、入試要項発表の際に早めにご確認して下さい。

サンデーショックに該当する受験生にとって必要なことは?

サンデーショックに該当する受験生だからといって、何かしないといけないということはないです。

ミッションスクールを受験する方は影響を受けることは明確ですが、ミッションスクールを受験しない場合でも、受験生全体の志願状況が変化するため、併願校選びに注意しておかないと、思わぬ影響を受ける場合があります。

学校選びは幅広く

サンデーショックで、併願校として影響を受ける中学校はどこになるのかは、直前の志望校調査が始まってみないと正確には分かりません。

志望校合格のために併願校を選択する際、例年より厳しい状況の学校であったり、逆にねらい目になる学校であったり、最新情報により納得して決めていきたいところです。

そのためにも、受験校として考える選択肢になり得る中学校は、全て説明会に参加したり、学校訪問したり、学校研究は欠かさず行っていきましょう。

サンデーショックの学校発表を素早くキャッチ

2年前にいち早く発表して下さったフェリス女学院の例もありますので、志望順位が高いミッションスクールの場合は、こまめに中学校のホームページ等をチェックして、できるだけ早く正しい情報を得ましょう。

遅くとも、入試要項が発表される頃には確定します。

学校説明会等で、発表されることもあると思いますが、なかなか情報が得られない場合は、学校研究を少し幅広くしておくことで対応できますので、焦らず、正しい情報を得ましょう。

自分の志望校への合格を1番に考える

サンデーショックがあると、通常では併願できない女子御三家2校の合格を1人で得ることができる貴重な年とも言われます。

他の年の受験生には羨ましがられますが、その年に該当していないからこその発言です。

実際は、お子様が通う1校に合格すればいいのです。

中学受験に一生懸命になればなるほど、中学受験の目的を見失いがちになります。

中学受験という戦いの場で合格をたくさん得る事を勝利と思うことも、あの長年の頑張りの成果と感じ、満足することも分からなくはないのですが、本来は、通いたい1校の合格を得るための中学受験のはずです。

併願校の選び方もサンデーショックに惑わされることなく、志望校をしっかり選んで、合格を得られるように併願校の選択もして下さい。

その際、サンデーショックに該当するのであれば、例年とは異なるであろう志願状況も加味して受験校を選択して下さい。

サンデーショックについての発表

サンデーショックについて今後分かることがあれば更新したいと思います。

フェリス女学院

2026年度入試は、2月1日が日曜日に当たりますが、例年通り2月1日に実施する予定と発表。
フェリス女学院による発表ページへのリンクです。
お知らせ | フェリス女学院中学校・高等学校

まとめ

2026年度に東京都と神奈川県の中学受験解禁日である2月1日が日曜日に当たるサンデーショックに該当する年になります。

志望校がミッションスクールの場合は、中学校からの正式な発表を早い段階で得るようにしましょう。

サンデーショックに該当する年は、入試日程が変更される学校だけでなく、その併願校の志望状況が例年と異なるため、併願校は志望校に合格するために最新の情報を得て、納得のいく決定をして下さい。


以上、
最後までお読みくださりありがとうございました。

【進学くらぶ5年生】「上第5回週」第1回公開組分けテストに向けての学習

ごきげんいかがですか?
みぃゆです。

さぁ!5年生カリキュラムでの初めての公開組分けテスト週になりました。

4年生から受講している方々は、今までの続きのように感じられるかもしれませんが、「第1回目」ですので、心新たに気合を入れて取り組みたいところです。

5年生になって、恐らく、受験者の母体数も増えるはずです。

さすがに6年生程の母体数ではありませんが、自分以外の人も含めて、いよいよ本格的な受験勉強期が始まってきたのだと実感できます。

最終的には、首都圏のほとんどの受験生は、四谷大塚系列とSAPIXサピックス日能研に集結されていくわけです。

その3塾の判定模試等の受験者数で、中学校の志望動向等を確認しています。

週テストと組分けテストを受験している段階で、既に四谷大塚系の受験組に所属しているということになります。

では、2024年3月4日現在の進学くらぶ5年生受講者が考えることややるべきことについてお話させていただきます。

進学くらぶ【5年上第5回】

【記入日:2024年3月4日】

総合(予習シリーズ5年上 第1回~第4回)

公開組分けテストは、予習シリーズ5年上 第1回~第5回 及び 必修副教材5年上 第1回~第5回を中心に出題。

第1回公開組分けテスト前の4教科の勉強

以下のリンク先の過去記事にて、詳細な4教科の勉強方法をお話しておりますので、ご確認下さい。今の段階で実施する手順は、4年生の時と変わりません。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

第4回週の週テスト後の4教科の勉強

以下のリンク先の過去記事にて、詳細な4教科の勉強方法をお話しておりますので、ご確認下さい。 
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

第1回公開組分けテストに必要な勉強の洗い出しと予定を立てる

上第4回の習得度合いを確認する

上第4回週は組分けテストを見据えた勉強をしていたはずですので、もし習得度合いが高ければ、組分けテスト前にする勉強のリストから第4回分は優先順位を下げて行うことができます。

その場合は、第1回~第3回を復習した後に、時間に余裕があれば第4回を軽く見直す程度で大丈夫なはずです。

ただし、第4回の習得度合いに不安があったり、習得したはずの第4回分も1週間で全て忘れてしまうようならば、通常通り第1回~第4回の復習をして下さい。

時間が足りなかった週分は優先順位をあげて取り組みましょう

第1回公開組分けテスト範囲の期間は、祝日もあり時間の調整はしやすかったとは思いますが、それでも時間が足りなくなる等で習熟度合いが他の週より劣る週テスト範囲があるかもしれません。そのようなことも、よくあることですし、習い事等と両立している方は高頻度で起こることだとは思います。

以前もお話させて頂きましたが、きっちりと組まれたカリキュラムの中で想定されている復習回数も確保していくためには、指定された期間の中で週テスト範囲を学習することが必要です。

ですので、個々の週テスト範囲で学習習熟度が低くなってしまうことがあっても、しようがないことです。その場合に大切なことは、その単元の第1回目の復習タイミングに当たる、組分けテスト週に、手厚く復習して、キャッチアップすることです。

今回の組分け範囲で、週テストの学習が手薄になったり、習熟度が低い単元は、他の週分よりも学習時間を多くとるスケジュールをたてましょう。

全体をまんべんなく復習をすることも大切ですが、学習の穴がないように調整することで、より全体的な底上げされた全体の学習ができます。

組分けテスト前に必要な勉強のリストアップ

組分けテスト前に必要な勉強をリストアップし、必要な時間とそこに使える時間を確認して、最低限必要なことは確保しつつ調整しながら予定をたてましょう。

ご参考

先週から1週間での新着記事

先週の「上第4回週」の記事以降に掲載させて頂いたものです。ご参考にして頂けましたら幸いです。

以下は、今後最新情報の記事をおまとめして、更新していく記事になりますので、都度チェックして頂けるともれなく情報を得られます。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

以下は、昨年度の進学くらぶ4年生向けの記事をおまとめしたものになります。5年生の方々は、今年の更新される記事を見て頂けると幸いです。
chugakujuken-ryoritsu.hatenablog.com

まとめ

進学くらぶ5年生の上第5回週の第1回公開組分けテスト週の勉強について必要なことについてお話させて頂きました。

5年生カリキュラムが始まって、初めての公開組分けテストです。

今までも組分けテストを受けてきた受験生であっても、新たに気を引き締めて取り組めたら今後に繋がる結果が得られるのではないかと思います。


以上、
最後までお読みくださり、ありがとうございました。